ファクタリングとは?

お客様が保有している売掛債権代金を、 弊社が事前に『完全買取する』ことで、本来の支払サイトよりも早く資金化するサービスです。

取引の性質上、売掛金は、取引先(売掛先)の支払日が到達するまで売掛金を回収することが出来ません。そのため売掛金の入金が30日サイトや60日サイトの場合この期間、売掛金が眠ってしまう形になります。そこで、弊社のファクタリングサービスをご利用して頂く事により本来の支払い日よりも早くに売掛金を現金化(資金化)して、運用、活用する事が可能となります。しかし、一般の金融機関で資金調達される場合、企業様の借り入れ状況やお支払いのリスケジュール等の確認、財務内容や資産状況、場合によっては個人資産の調査、担保設定など、かなり厳しい審査がございますが、弊社のファクタリングサービスであれば取引先(売掛先)の審査が重要視されるため、そういった、お客様の借入れや資産状況に関してはそれほど調査、審査は致しません。お借入れに代わる全く新しい資金調達手段です。

ファクタリングの種類

一般的なノンバンクや銀行などが行うファクタリングは売掛債権担保融資といい、担保設定した債権が回収困難になったり、売掛先が倒産等の事情で回収不能となった場合はお客様に債務の保証してもらう償還請求権の義務の有るファクタリングサービスです。
弊社の行うファクタリングサービスは売買契約した債権が回収困難になったりしてもお客様に保証を求めない償還請求権の無い(ノンリコース)になります。お客様が保有する売掛債権を償還請求権の無し(ノンリコース)にて買取りさせて頂く事により、ご資金を提供させて頂く仕組みです。

3社契約と2社契約の違いと仕組み

上記は3社間でのファクタリングとなります。勿論、利便性は良いのですが、取引先からは「資金繰りに困っているのかな?他の会社に頼む方が良いかな?」という形で信用を失うかもしれません。最悪のケースは取引停止になる可能性もあります。

上記の2社間でのファクタリングですと、取引先とは通常取引の形になり信用を失うという不安点を取り除けます。また、最短 1日で資金化できるので利便性は多いにあります。他社では3社間ファクタリングが主流ですが、当社は2社間ファクタリングが主流となります。ここが他社と は大きく違う点であり、当社の強みです。

ご利用対象者

健全な事業を営み、売掛債権をお持ちの法人様
設立期間や赤字決算などは気にせずお申し込み可能です。


買取金額

売掛先1社に対し、30万円~3000万円まで。買い取り上限総額は1億円まで。


ファクタリング費用

買い取り対象債権の1%~ (売掛先・支払いサイト毎にご提示致します)。
契約に至った場合のみ企業調査費1社につき5000円頂きます。


諸経費

振込み手数料はお客様にご負担頂いております。
印紙代・交通費・登記費用等、実費分をご負担頂いております。


留保・掛目

原則として額面の10%~20%が留保金となります。
買い取りした売掛金の決済後、弊社の売買手数料及び事務手数料を差し引いた留保金を貴社にご入金致します。

Copyright © 株式会社シンキコーポレーション All Rights Reserved.